Gifts

「聞く」と「聴く」と「訊く」。

耳に聞こえる無数の音の中に,音楽という特別なものが混じっていることに気づいたのはいつごろですか?

やがて,はっきりとそれを聴くようになったのは?

とあるフレーズにどうしてそこまで心が揺さぶられるのかと,その理由を曲自身に訊くことはありますか?

 

先人が脈々と整え伝えてくれた言葉や音楽の仕組み。

それらの成果を使わせてもらって音楽が生まれるのだとすれば,ひょっとすると,人が自発的に作っているというよりも,言葉や音楽たちの方が,創造の営みの流れを絶やさないようにと暗躍しているのかもしれません。

 

公開する曲には,ポケットの中にたくさんの絵の具を潜ませている音楽家や翻訳家の方々が彩を添えてくださいました。

また,お借りした写真や描き下ろしのイラストのお陰で,CDパッケージを模したカバーデザインもできました。

夢を見させてくれる人たちという意味で,“illusionists”と括らせていただき,改めて感謝いたします。

 

私にできることは,めぐり合わせた特別な時と場所に種を蒔くことくらい。

あとは,水と日光と養分のおかげで育ったような曲をお聴きください。


英語の歌詞について

いずれの曲も,日本語の歌詞とその英訳,英語の歌詞とその日本語訳を掲載しています。
英語は日本語よりも情報量が多く,双方が一致する概念すらないこともあります。
そのため,日本語の歌詞にそのまま対応する英語の歌詞を付すことは難しい場面が多いので,翻訳家の方による英語の歌詞の世界は,日本語の歌詞よりも物語の幅が広がったアナザーストーリーともいうべきものと考えています。