みちのく未来基金

みちのく未来基金は,2011年3月11日に発生した東日本大震災の後,「真にこの復興の礎となるべき子どもたちが,その夢や希望を諦めずに成長し,故郷の復興のために役立ってほしいとの願いを込めて」,カゴメ株式会社,カルビー株式会社,ロート製薬株式会社が共同で設立し,これにエバラ食品工業株式会社が加わって運営している進学支援のための奨学基金です。

 

あの震災で親御さんを亡くされた子どもさんたちを対象として,高校卒業後に大学・短大・専門学校へと進学する際,卒業するまでに必要な学費を返済不要で給付するもので,毎年の定員もありません。

そして,震災当時お腹の中にいた子どもさんが卒業するまで,約25年間に渡って活動を継続します。

 

今もそしてこれからも,世代を跨ぐ長い時間の中でとてもたくさんの未来の記憶が生まれ続けます。

どうしても新しい出来事を追わざるを得ない媒体の中では忘れ物になりがちなので,気長なこのWebサイトにインデックスを残しておきます。