Break a leg!

(web屋KOTSU KOTSU・JimdoCafe八幡西テーマ曲)



gift 3

一歩踏み出すこと

何かを始めるとき,その道の専門家に相談することが近道であったりします。

 

Webサイトを作ろうと思い立ったとき,オンラインのWebサイト作成システムJimdoと,全国各地にJimdoCafeというユーザーの交流・勉強の場所があることを知り,北九州市のJimdoCafe八幡西を訪れました。

数あるJimdoCafeの中でこちらを選んだのは,「絶対に失敗したくないというよりはまずはやってみよう,ダメなら他の方法を探したり組み合わせたらいい」という運営者さんの想いに共感したから。

 

その帰り道,最初はおそるおそる扉を入ってきた相談者の女性が,やがて自分の足でしっかりと歩き出すまでを見守るような運営者さんのイメージが浮かびました。

 

この短い物語を閉じる言葉は,Break a leg! (脚を折れ)

聞き慣れない言葉ですが,spoken used to wish someone luck, especially just before they perform on stage(ロングマン現代英英辞典)と説明されるように,特に舞台俳優に向けて,"Good Luckの代わりに演技の成功を願う言葉だそうです。

 

あらゆる表現者のみなさんへ。

Break a leg!


illusionists

Vocal: MAYUKA(福岡で活動中のシンガーさん)

Piano: Tohru Yamaguchi(あそびごころdesins lab)

English Lyrics and Translation: picolisco ⇒ http://www.picolisco.com/


CD Cover Design

CDカバーデザイン Break a Leg!
Break a Leg!

Lyrics  (Japanese)

 

 

はじめましてのあなたは

どこか不安げ

でも,きらきらしてた

 

”行ってきます”と歩き始めたあなたは

もっと輝いて見える

 

Break a leg!

(Literal translation)

 

On the very first day

You seemed a little nervous

But also delighted

 

Went off for a fresh start saying, “I love you!”

You look even brighter

 

Break a leg!



Lyrics  (English)

It was your very first day

Shiny morning

Your face seemed a bit nervous

But the most beautiful look ever

 

Out the door and one step

For a fresh start showing me a charming smile

A good day shall come to you

See you then

 

 

Break a leg!

それはあなたの一番初めの日

眩しい朝

あなたの顔は少し緊張していた

でも今までで一番美しかった

 

ドアを出て一歩踏み出す

新しいスタートのために

私に可愛い笑顔を見せて

良い一日があなたに来るよ

またあとでね

 

Break a leg!