「未来の記憶」という言葉に惹かれます。ちょっと捉えどころのない語感ですが,例えば,ーある想いを形にしたいと願い求めるとき,それが叶っている光景をあらかじめの記憶にする一方で,どこかずっと先にいる自分が,約束の途を辿って来る自分自身を待っている。ーそんな双方向のイメージが浮かびます。

ふたりを繋ぐのは,「続ける」というメッセージ。

 

ところで,ひとつの出会いは,まるで無数のダイヤモンドダストのひとかけらを掴むかのよう。そして,そこに生まれた共感や素直な驚きがときに描き出すのは,かけがえのないワンシーン。

その景色の中にふと聞こえた音楽を切り取って,いただいた果実の証としてのサウンドトラックアルバムを編んでいきたいと思います。

タイトルは「光の絵筆」。ずっと前に決めていた記憶。

 

あなたの未来の記憶はなんですか?


The word “memory of future” attracts me. I know, it sounds a little strange. But for instance, if you wish for something to really happen, you would imagine a scene of it becoming true as a memory first and you somewhere in the future would wait for yourself coming along the path you aim for. I have a such interactive image for it.

What connects those two is a message of “continue.”

 

An encounter is like grabbing only one piece of diamond dust from enormous amount of it. The sympathies and honest surprise from people whom I have met depict precious scenes.

I would like to pick up the music flowing in that scenery and compose a music album as a mark of fruits they gave me.

The title of this website is “Paintbrush of Light.” It is my memory that has been decided long time ago.

 

What is your memory of future?

 

fillin(フィルイン)


Photo by Samuel Zeller on Unsplash


Information

2018/03/31  本Webサイトを公開しました。どうぞよろしくお願いいたします。

2018/05/13    5曲目の「A Bit More to Reach~あと少しで届く」を公開しました。

2018/07/28  6曲目の「好きな色は,なに」を公開しました。

2018/11/10  7曲目の「この街は道標」を公開しました。